大会名

第2回早押女王決定戦


主催

第2回早押女王決定戦実行委員会(代表:高野望)


開催日

2019年3月23日(土)


会場

西宮市民会館


参加人数

72人


見学・観戦人数

13人


当日専任スタッフ

20人


ペーパー1位

関口あすか (神奈川県)


Winning Answer

問題

金堂にある盧遮那仏(るしゃなぶつ)を本尊とする、鑑真が創建/した律宗の総本山である寺はどこでしょう?

正解

唐招提寺



成績上位者

優 勝 大塚澄佳 決勝進出

準優勝 藤井聖子 決勝進出

第3位 石持貴三香 決勝進出

第4位 関口あすか 決勝進出

第5位 石崎優花 準決勝進出

第6位 野口由里香 準決勝進出

第7位 今尾奈緒子 準決勝進出

第8位 三崎加奈 準決勝進出

第9位 右近佑佳 準決勝進出


その他結果

SR1位:今尾奈緒子(セット内 1抜け3回/2抜け1回)


第2回早押女王決定戦に関わってくださった皆様


大会長の高野です。

大会終了後のご挨拶が遅くなり、申し訳ございません。


まずは、この大会にご参加・ご見学・ご協力いただき誠にありがとうございました。

関わってくださったすべての方々なくして、当大会は成立しえませんでした。

本当に感謝の気持ちしかございません。


参加者の皆様には、大会長としてのスタッフワークのさなかにも感動の溜息が漏れてしまうような、素晴らしい勝負を見せていただきました。

スタッフ内だけで共有されている大会本編の動画を何度も見返してしまうほど、鎬を削る戦いでした。

大塚さん、改めて優勝おめでとうございました。


第1回からの変更点として、以下2点について述べさせてください。

・ペーパー後の早押し予選の裏番組として、SRの設置

・レギュレーション変更


【SRの設置】

当大会のルールを設定する上で、早押し予選の間シード組が時間を持て余さないように、総当たりのSRを新設しました。

この結果、シード組・早押し予選組それぞれに潤沢な早押しの機会を設けることができました。

こちらの企画を組んでくださった片岡さん、そしてそのインスピレーションとなった大会・NUSHIシリーズのスタッフの皆様には感謝を申し上げます。


副次的なものですが、別室を確保したことにより「お子様連れの方への配慮」や「別室PV」ができたことも、SRを設置してよかったと思える一因でした。


【レギュレーション変更】

こちらは私が第1回に参加する前から考えていたことでした。

私にとっての「女性」観は第1回の優勝者手記、第2回キックオフ時の大会長挨拶、そして今もまったく変わっていません。

レギュレーション変更について、参加者の皆様には大変なご理解を示していただき感謝しております。

変更すると正式発表した当時は、好意的なご意見もそうでないご意見もあったと伺っています。

しかし、キックオフ時の大会長挨拶で本心からの文章を掲載し、大会を遂行したことで、変更した責任を果たしたと考えています。


当大会には、私と同じく性別観にしがらみを抱えながら参加してくださった方がいらっしゃいました。

そのことを懇親会で打ち明けてくださったこと、そして「レギュレーションを変更してくれてありがとう」という彼女たちが涙ながらに伝えてくれた言葉が、私に「変更してよかった」と強く思わせてくれました。




問題についても、運営についても、女性限定大会でありながら性別にとらわれないホスピタリティに満ちた「普通の大会」を届けられたという自負があります。

それもすべて、携わってくださったスタッフの皆様、そして大会を盛り上げてくださった参加者の皆様のおかげです。

改めて、感謝の気持ちを申し上げます。

当大会に関わってくださり、誠にありがとうございました!



追伸

第2回早押女王決定戦では、第1回に引き続き「クイズLIVEチャンネル」様より協賛いただき、優勝賞品のトカイワインをご提供いただきました。

こちらも、誠にありがとうございました。

4月の放送は4/21(日)・4/28(日)とのことですので、皆様奮ってご参加ください。



2019/04/07

高野望


大会終了から2週間が過ぎました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

遅くなってしまいましたが、1Rのペーパークイズを公開いたします。

参考記録:当日1位 関口あすかさん(78点/第一連答26)


問題

https://drive.google.com/open?id=1e3na0x9S1wY5jgxinPvI3h5U5G1t_jIA


解答

https://drive.google.com/open?id=10Ln9WsJCrvhl5SEn5D9ID-_7cfarREDA


↑このページのトップヘ